小顔美人にする-マッサージ方法と矯正体操 について

ヘアカラー・ヘアスタイルで小顔にみせる工夫,顔のむくみの原因と小顔にする体操・エクササイズ,ボトックス注射で小顔になる,小顔になるリンパマッサージ,日常生活で自分で出来る小顔体操やエクササイズ,小顔美人にする-マッサージ方法と矯正体操,最新情報を紹介しています。


最新記事

ヘアカラー・ヘアスタイルで小顔にみせる工夫

パーソナルカラーを診断して、お肌のアンダートーンをクール系、ウォーム系に分類してから、それをベースとしてヘアカラーの色味、明度の組合わせをしていきます。

頭髪全体にナチュラルに混ざり合った色や明度の組み合わせが効果を発揮するのです。

 
クール系アンダーベースの方

:ブラウンベースで、ピンクブラウン、ブルーバイオレットブラウン、ブラックなどを使うと小顔効果が高まります。


ウォーム系アンダーベースの方

イエローブラウン、オレンジブラウン、カーキブラウン、イエローゴールドなどを使うと小顔効果が高まります。

自分のパーソナルカラーを知るのは難しいので、サロン・美容室などで相談してみるとよいでしょう。


また、ヘアカットと組み合わせてヘアカラーを工夫すれば、より小顔効果を高めることができます。

例えば、前髪の長さでも小顔効果は違ってきますし、顔のまわりに髪があるかないかでも、微妙な違いで小顔効果があらわれるか否かが違ってきますので、このあたりも相談してみるといいでしょう。



顔のむくみの原因と小顔にする体操・エクササイズ

もう一つの大きな原因は、体の凝りと歪みです。

筋肉が凝ってくると、顔の筋肉も下に引っ張られることになり、どんどん「垂れ・エラ張り」をつくってしまいます。

さらには、血液などの循環が悪くなることによって、栄養補給や老廃物の排出が悪くなってしまし、「むくみ・肌の老化」などの原因にもなってしまうのです。

小顔にするには、体の凝りとゆがみを矯正していくことが必要です。

顔は、「脚・骨盤・脊柱・頚椎」の上にのっているので、顔の土台が歪んでいると、「顔」も歪んで見えてしまうのです。


ここで、小顔にするための自分で出来る体操・エクササイズを紹介します。

まず、割り箸を一本用意しましょう。

全身の力を抜いて、仰向けで寝た状態で、その割り箸を軽くくわえます。

そして、足の先から頭の先まで体全体を、左右にクネクネ波打つ感じに、ゆれ動かしましょう。

そして、ゆっくり静止して深呼吸をして下さい。

そうすると、全身の筋肉が緩んで、歪みが改善され、顔の骨格も良い位置へと修正されます。

小顔にするには、効果的な体操・エクササイズです。