ボトックスの副作用①

基本的にはボトックス注射に大きな副作用はないといわれている。

しかし、ボトックス注射をした後に一時的に起こる変化はある。

ボトックス注射の代表的な副作用としては注射した付近の筋力低下による影響がある。

例えば、ボトックス注射を顔のしわ取りに使用した場合の副作用は頬がうまく動かずに笑ったときに顔が引きつった不自然な笑い顔になることがあるようである。

また、ボトックス注射を目のまわりにした場合の副作用としてはまぶたが垂れ下がるような状態になることがあるようである。

ボトックス注射をふくらはぎにした場合は足が疲れやすく、だるかったり、そしてもつれやすくなって歩きにくくなるなどの副作用があるようである。

ただ、これらの副作用は2週間くらいで解消されて行くことが多い。

ボトックスの副作用②


また、副作用ではないが、その他に考えられるのは注射の痛みがある。

しかし、これは施術する医師の経験と技量によるところが大きい。

あとは、ボトックス注射をした後に起こる内出血(皮下出血)がまれに起こる。

ボトックス注射は一般的に非常に細い針を使用し、痛みや出血に対し注意はされている。

ただ、顔には非常に数多くの毛細血管が存在しているので副作用として発生することもある。

それも1週間もすれば解消される場合がほとんどなので、この副作用についてはあまり心配は要らない。

なので、ボトックス注射を行う場合は医師とよく相談し、副作用などについても自分が納得した上で注射を受けるようにするべきだろう。

関連エントリー

ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果 TOP >  基礎知識  >  ボトックスの副作用

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をMy Yahoo!で購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をGoogle readerで購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をlivedoor Readerで購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をはてなRSSで購読する

パーツ