多汗症・わきがに対する効果①

多汗症を治療するための方法として、ボトックス注射で汗の発汗を抑制する方法がある。

ボトックス注射での多汗症の治療方法は、脇の下の皮下にボトックスを注射し汗腺の神経に直接作用させ、汗腺の働きを抑制させ汗の発汗量を低減させる。

またボトックス注射の人気の秘訣は治療時間の短いことで、両脇に注射をしても約5分程である。


ボトックス注射は多汗症の中でも特に効果が大きいのは精神性発汗型の多汗症に効くとされている。

ボトックス注射が多汗症に効果的とされているメカニズムは、発汗を促進させているアセチルコリンという物質をボトックス注射の主成分であるボツリヌス毒素は神経の末端に働きかけてアセチルコリンの分泌を抑制することで多汗症治療に効果が現れる。

多汗症・わきがに対する効果②

ボトックス注射を受けた人のだいたい7〜8割の人に効果が見られるほど、ボトックス注射の効果は多汗症に対し非常に大きいようである。

ただボトックス注射の多汗症への効果は人によって多少違いがあるようで、少し効いたかなといった程度の人もいるようである。

またボトックス注射の多汗症への効果が現れるのは早ければ翌日であるが、一般的には3日後からボトックス注射の効き目を体感できる人が多いようである。

ただし、ボトックス注射は多汗症の根本的な治療ではない。

よって、半年くらいは効果が持続するが、それ以降は多汗症が再発し始めることが多い。
(まれに再発しないケースもあるようである。)

よって、ボトックス注射を繰り返し受けることが必要になる。

関連エントリー

ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果 TOP >  ボトックスの効果  >  多汗症・わきがに対する効果

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をMy Yahoo!で購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をGoogle readerで購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をlivedoor Readerで購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をはてなRSSで購読する

パーツ