ガミースマイルの改善①

ガミースマイルというのは、笑うと(笑顔でも)上の歯ぐきがみえることである。

ガミースマイルの人はどうしても笑うときに手で口元を押さえてしまいがちである。

ガミースマイルをなおすには、

1)上あごの骨から手術する

2)歯ぐきと上唇を縫う(粘膜切除法)

3)鼻柱基部プロテーゼ挿入法

4)ボトックス注射

がある。

ガミースマイルは、笑ったときに必要以上に上の唇が引き上げられ歯茎の数多くが見えてしまうような状態なので、ボトックス注射の特徴を生かしてガミースマイル特有の笑ったときの筋肉の動きを抑制し唇の吊り上るのを改善し治療していく。

ガミースマイルの改善②

一般的にはまず診察し筋肉の走行状態や強さなどを調べることから始めてガミースマイルをボトックス注射で治療する。

次にどの部位にどの程度の量のボトックス注射を行うかを筋肉の状態、強さなどを観察した上で決定する。

実際にガミースマイルの治療のためにボトックス注射を行う時間は5〜10分くらいである。

ボトックスを注射した後はお化粧をして帰宅することができる。


ボトックス注射にてガミースマイルを治療する場合のメリットは、切開しないので傷跡が残らないし、腫れたりしない。

また、多少の個人差はあるが、ボトックス注射のガミースマイルへの効果を自覚できるケースがほとんどのようである。

デメリットとしては、注射をした部位が内出血することが稀にあることである。

また、半年程度たつと効果が薄れ始めるため、継続的にボトックス注射を行う必要があることである。

関連エントリー

ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果 TOP >  ボトックスの効果  >  ガミースマイルの改善

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をMy Yahoo!で購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をGoogle readerで購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をlivedoor Readerで購読する
ボトックス注射ー小顔・エラ治療・多汗症への効果をはてなRSSで購読する

パーツ